まだまだそれじゃ足りないとても

松倉海斗くんが好きな人のブログです。

4月

『Endless SHOCK 2018』千穐楽、おめでとうございました。

遂に終わってしまいましたね。今年は地方公演もないし、来年もどうなるのかわからないし、松倉さんの言葉を借りると「寂しい。寂しすぎる。」まさにこんな感じ。本当に寂しい。
私事ですが3月に大学を卒業して、明日から社会人になるので、それも相まって余計に寂しいんだろうなぁ。春は別れの季節ですね。


気づけば今回で5回目だったSHOCK出演。SHOCKなしに松倉海斗は語れないと言っても良いくらい、SHOCKは本当に大きな存在だと思います。
自分の話になるけど、2年半前は、SHOCKを観たこともなかった。舞台でさえ、ジャニワやドリボしか観たことがなかった。コンサートで歌って踊る松倉さんが一番好きなヲタクだった。シャカリキなダンスでどこにいてもすぐに分かる、笑顔を絶やさない松倉さんが大好きだった。

でも、SHOCKに出てから、お芝居をする松倉さんが好きになった。歌やダンスに感情を込めて表現する松倉さんが大好きになった。松倉海斗ではない「カイト」を好きになった。SHOCKを好きになって、舞台の魅力を知った。

それもこれも、全ては松倉さんのおかげ。彼にとってSHOCK出演は人生のターニングポイントだったと思うし、SHOCKに出てから本当に顔つきが変わったように思う。きっと周りを大人に囲まれて過ごすことが多かったから、内面もこんなに大人っぽくなったのかな。SHOCKに出演して芝居の楽しさを知った松倉さんは、それまで以上にキラキラと輝いて見えた。

私は、SHOCKは松倉海斗の魅力を引き出してくれた作品だと思っていて。元々、いつだったかお母様の「みんなで頑張るのが海斗には向いてるんだね」という言葉もあった通り、個人よりも集団で頑張る方が向いている人だと思うから、みんなで一つの作品を作り上げるSHOCKは、すごく松倉さんに合っていたんだと思う。その中で、周りに刺激を受けてお芝居の仕方だったり、舞台での立ち振る舞いを学んできた結果が、今の松倉海斗を作り上げているんだと思う。

松倉さんがSHOCKに出るようになってから、彼のSHOCK愛がどれほどのものなのか、ファンとしてそれはすごく感じるし、本当にSHOCKが大好きなんだなっていうのが見ていても伝わってくる。こんなに大好きになれる作品に出会えるなんて、一生に一度なんじゃないかなと思うし、だからこそ出会えたことにファンとしても感謝。松倉さんをSHOCKに出会わせてくれた大人の方々、ありがとう。カイトの役はオーディションで勝ち取った役だから、一番は彼の今までの努力に拍手。

SHOCKに出る前の舞台というと、ジャニワやドリボ、そこでも全力だった松倉さんを思い出す。お芝居の仕方や演じ方は変わったけれど、根本はあの頃と何も変わらないんだと思う。舞台の端から端まで、出演者の一員として全力で舞台に立つ姿勢。出典不明であやふやなんだけど、"同じ舞台でも、お客さんは公演を今日しか見られないから毎日全力でやる"みたいなことを言っていたのも、偉いなぁと思った記憶。


去年の地方楽の時点で、なんとなく覚悟はしていたけれど、今年は引き続きSHOCKに出演することになって。でも来年は、ユニ入りしたこともあって、またなんとなく覚悟しておいた方がいいのかなぁと思ったり。そう考えると寂しくてたまらないけれど、これからSHOCKでの経験を存分に活かせる場をたくさんもらえるんだろうなと思うと、ワクワクする気持ちもある。松倉海斗として、そしてTravis Japanとして、これからたくさん花を咲かせてほしいなと思います。
改めて、『Endless SHOCK 2018』本当にお疲れ様でした!

ジャニーズJr.祭り2018 Travis Japan公演@横浜アリーナ(3/26 12:00開演)

メインステにJr.マンションを豪華にしたようなセット、外周ありの田の字型。立ち位置は下手多めで(大体両端のどちらかにいた)、シンメはほぼげんげんだったけど違う時もあった。
髪切ってさっぱりサラサラ、後ろが短めで、髪色は茶色と黒のツートンでおしゃれだった。

  • OP

壮大な音楽のあと、ステージ上段に横一列で登場する7人。最初はシルエットっぽい感じになってたはず。とにかく壮大。白ジャケット&パンツに新衣装の紫ラメベスト、白ハイネック*1。ベストはジャンプの紫ギラギラスーツみたい。松倉さんは最下手。

  • 夢のHollywood

今日は最初から7人だね…と早くも涙目のヲタク、感慨深すぎて双眼鏡が使えないの巻。なぜだか普段野鳥の私も、全体が見たかったんだよなぁ。初めての横アリでの単独コンサートの景色を、横アリに立っている7人の姿を目に焼き付けたかった。

  • It's BAD

曲前にモニターでメンバー紹介画像あり。最後の松松宮近の画像が流れる時間が短くて、全力でズコー芸したwからのイツバのイントロが流れてギャーー!セトリが本当に天才なんだよなぁ。
松倉さんは立ち位置上手。すっかり振りが板についたような気がして嬉しかった。

  • What's your name?

最下手。松倉さんがプレゾン曲を…!でも見たかったから嬉しい。OPから踊りまくりですごかった。あなたが欲しい♪の指先が美しかった。

  • Supernova

上手側だったような。run run run〜♪の振りがかっこよかった気がする。途中センステに来て気づいたけど、衣装の股裂けてた…ww相変わらずの事故率。笑

  • Tonight

センステ。下手側。これもかっこよかった!

  • 青いイナズマ

センステ〜バクステ。Bメロあたりでバクステ下手にげんげん、上手に松倉さんがいて、2人で向き合う振りの時にアイコンしてた。そのあとのえたんが松倉さんの頭をぽんぽん!私ですら朝日のイメージがあるこの曲を披露するって強い。でも、「過去と別れを告げて」前を向いているトラジャがかっこいい。

  • いいね!

バクステからの外周に散ってお立ち台。松倉さんはセンター11ブロ辺り。間奏で名前コールあり!げんげんがカメラに大人の投げちゅーしててかわいい。

みんながはけたあと、メインステに1人残って、下手から順番に「ここら辺盛り上がってますか!?」「ちょっと待ってね今移動するからね」って雑に煽るみやちがかわいかった。

  • in the room

ここからいつもの白衣装(黒のラインのやつ)かな?のえたんのタップからスタート。徐々にメンバーが出てきて松倉さんはマンション1階。かっこつけててかっこいい(ちょろい)。照明がメンカラだった。ソロパートもあって、サビ前「甘美な目眩に溶け落ちていく」とても良いパート…何より歌が上手くてまた新鮮に驚いてしまった。歌い出しのげんげんがめちゃくちゃかっこよかった。

  • Crazy you

きたーーーーーーーーー(泣)(泣)もう一度見たかったの…ありがとうトラジャ…(泣)スタンドマイクで最上手。相変わらずげんげんのソロパートが神。ここもセットの部屋の枠がメンカラになってた。最後奈落に落ちて終わり。

  • Don't you get it

サングラスかけて登場!上手。コントのような面白い動きをしてて、松松2人で肩組んでわー!ってリアクションしてた(伝わらない)。
ここたぶん松松セリフがあったんだけど、松倉さんのマイクが入ってなくて?聞き取れなかった。あとで友人に聞いたらカメラにも抜かれてなかったらしく…無念。げんげんは大好き!って言ってた。センステ終わりだったかな。

  • ミニMC

最初の煽りでみやちが「改めて!7人で!Travis Japanです!」って言ってて😭😭😭ってなった。松倉さんはセンステでお水タイム、急いで飲んでスタッフさんに渡してからメインステまで戻って最下手。
グッズ紹介と振り付けしました〜って話。グッズ紹介で「オシャレだよね!文字が!」とか色々言ってた。

  • 愛のかたまり

メインステ上手から。バラードバージョン?舞台みたいな、バレエ?ジャズ?っぽいダンスだった。赤マリさん振付と言っていたけど、どういう経緯だったんだろう?

  • また今日と同じ明日が来る

センステ。たくさんの君のかけら〜取り出せなくって♪までソロパートだったんだけど、伸ばすところがめちゃくちゃ上手くて本当にかっこよかった…。途中ジャンプの無音ダンスみたいなところがあって、それもかっこよかった。

  • グッデイ!!

花道歩いてバクステへ。松倉さんは最下手。振りが天才!みやち天才!!みんなでラインダンスしててめっかわだった。

バクステ→メインステ下手。これもまた見れて嬉しい〜〜( ; ; )湾岸と変わらず言葉にして〜♪ソロパート。松松は両サイドだったから、Dメロ背中合わせはしてなかった。

  • Wait for you

安定。素晴らしい。好き。

  • MC

メインステ。下手。隣のげんげんからマイクを受け取ってた。見学席のSHOCK組が映る度に、「ありがとうございます!ほんっとすいません!夜公演あるのにすいません!」と恐縮しまくりながらとっても嬉しそうな松倉さんがかわいかった。屋良っちが紹介されたときは「屋良く〜〜〜ん!!!」と尻餅ついてぐでーんってなっててかわいかった(反対側でげんげんも同じリアクションをとってたと聞いて、松松ほんとに…)。
光一さんからのVが流れると、「光一くん…!!」←まじこの松倉さんのかわいさ本当にやばかった。リアルカイト。

  • Hey you!

オレンジ衣装ここからだっけ??スタトロ、北から。欲を言えば踊ってるのが見たかった。

  • 山手線外回り

東で乗り換え。懐かしいな〜松倉さんが歌うのは滝つ10周年ぶり?これも踊って欲しかったな。見学席の上を通るとき、片手を大きくブンブン振っていてかわいかった。

  • Kis-My-Calling

メインステから外周通ってバクステ。Mまつく!で猿みたいにMポーズしててかわいかった。みやち「とにかくとにかくみんなが大好き!」かわいい〜〜ユニットっていいなぁ(しみじみ)。

  • やっちゃった!!

バクステで松松は大きな旗を振り回して、中央花道通ってメインステへ。自担しか見てないヲタク、しーくんたちが牛乳一気飲みしてたの全く知らなくて公演後に友人に教えてもらうの巻(まじか)。なんだか旗振り回して応援してたり、花道駆け抜ける姿がJr.っぽくて(Jr.だけど)懐かしかった。

  • キミノカケラ

みやちとしめ。センステ。みやちのボールドっぽいジャケットがかっこよかった。ここまでは呑気だったヲタク。

テレテレテレテレ〜〜♪♪♪
あああああああああスワンソング嘘でしょおおおおおあああああああああああああ😭😭😭😭😭😭😭しかもなんか向き合ってるうううううううううう😭😭😭😭あああああああああああああ😭😭😭😭😭😭
もう思い出しただけで涙出てくる(泣)反射的にキャーとか言った(気がする)のいつぶりだろう…。白の豪華なジャケットを羽織り、向き合って歌う松松は神々しすぎた。リアルに身震いしながら必死で双眼鏡を覗いたけど、もはやほとんど記憶がないのが悲しい。前奏と後奏の振りは本家オリジナルだった気もするけど自信ない。松倉さんは下手側かな?最後はお互いに手を伸ばして、空気を掴んで引き寄せた後背中合わせ(くっついてはない)になってた。私含め該当担きっと記憶があやふやだから映像化して一生のお願い(泣)

  • サポーターズ

メインステまで行ってジャケット脱いで金色のポンポンを持って、のえたんの連続バック転を応援してた。最後のぎゅっと集合してキメるトラジャがかわいかった。しめちゃん「写真撮っていいよ〜♡」平和か。

  • Dance with me 〜Lesson1〜

メインステ。マタドール衣装。最初みやちが振りを直すところで、なぜかオネエ風だったんだけどw、松倉さんに「あらあなた久々ね」って言ってた^^C&R\トラジャー!/の前に誰かが「せーの!」と言ってくれたのが嬉しかったなぁ。あとサビ前にみやちも「Dance with me〜!」って言ってた。でも一つだけ、名前コールの時の松松がモニターに抜かれなくて悲しかった。

センステに来る時、1人遅れてたのに急いでなかったから足つっちゃってたのかなぁ。若干引きずってる…?って感じだった。お大事に。
カメラを回しながら、みやち「かわいい子いっぱい映ってるでしょー?僕らのものなんですけどねー?」みやちいつの間にそんなこと言う子になったの( ; ; )
松倉さんはカメラ係(と言ってもサブかな…?)だった。首にかけてたタオルを落としちゃったのに、撮影に夢中で暫く気づかなくて、ふと下を見たときにあれっ?って気づいて、いつものガニ股のまま2、3回足踏みしたあと拾ってたのがすごくおじさんだったwwwかわいい。
YouTubeで流れるだろうから内容のレポは控えるけど、一つだけ。「トラジャとしての夢は?」に、のえたんが「デビュー」と答え、その言葉に松倉さんがうんうん頷いててグッときた。
その後自分の番の時に、みやち?に「クッキングパパ!」と煽られたからなのか、タオルを頭に巻いたまま答えた松倉さん、なんで案件すぎた…😭YouTubeなのに(泣)
どうでもいいけど終わったあとに、しめ?「これから皆さんの街に行くこともあるかもしれないので。皆さんの目の前に現れるかも…」みやち「ドラクエみたいに、テレテレテレテレ〜♪♪」?「それポケモン!!」のくだりに乗ってなかったから、あまりやらないのかな?と思った。
みやちの「特別映像です、どうぞ!」でみんなはけ。YouTubeの予告映像が流れる。

  • Shelter

メインステ。最初に一瞬バンパイヤみたいな音が流れたから、「いや嘘だろ?????」とユウマばりに暴れそうになったけど違ってよかった(?)。ここから玉虫衣装かな?黒シャツに、白のナロータイ。最後の特効よかったよ!!!(特効好き)

  • Pick it up

これが噂のピキラ!!連番したトラ担が一斉に沸いてた。

  • Happy Groovy

センステ、下手。シンメげんげんじゃなかったような。どうでもいいんだけどサビが「ピーナッツだってHappy Groovy〜♪」にしか聞こえなかった。屈んで横を見る時に、よくメンバーとアイコンしてた!爽やかな感じで良曲だと思った〜きっとこれから少クラとかで見られるんだろうと思えることが嬉しいね。3曲目のオリ曲おめでとう!!

  • 挨拶

EC

  • 夢のHollywood

メインステ、中そのまま白ジャケット。1番ラストの輝く未来〜♪のあと、いつもの間奏にいかず「We go to Hollywood♪」であれ?と思ったら、
2番だ…(泣)(泣)(泣)
Aメロに松松パートがあって、「俺たちの2幕 Life is Musical」。不意の2番に高まるしかなかった(泣)ずるいよトラジャ…。
Dメロ明け、みやち「横アリのDream Stage♪」こんなん歌われたら泣く(泣)
ラストのタップ前にみやち「みんなも一緒に〜!??」ヲタク「フ〜〜!!!えっ!??」この空気感が大好きだ。

  • Dance with me 〜Lesson1〜

前半踊って途中から外周だったような。

  • 挨拶

みやち「みんながついてきてくれれば、それだけで大丈夫です。俺らはずっとここにいます!また絶対帰って来ます!!」トラジャを応援できて幸せだなぁ。良いグループだなぁ。
みやち「またすぐ会えると思うんで!!元太もまつくも、このあと頑張って!笑」優しい。
「7人でやるの初めてだね!」と言いながら、横一列に並んで手を繋ぐトラジャを見て、本当に本当に良いグループに入ったなぁと泣きそうになった。湾岸の時は円陣だったもんね。ずっと2人ぼっちだったけど、それはそれで良かったのかもしれないけれど、でも今こうして隣を見れば温かい5人の仲間がいて、本当に良かった。
トラジャ「俺たちがー!?」ヲタク「トラビスジャパーン!!」で終わり。

WEC

  • Happy Groovy

ヲタクへの感謝を述べるTravis良い子Japan…。
ヲタクの「どういたしましてー!!」を、目を瞑り両手を広げて受ける松倉さんがかわいかった。
最後、最下手にいた松倉さんの肩を引き寄せてくれたのえたんを見て、この場所で幸せになれたらいいなぁと思った。



公演時間は2時間20分ほど。
松倉さんが連載でも言っていた通り、本当に"Travis踊りまくりJapan"で、歌もソロパートは歌ってたのかな?見応えのありすぎる単独公演でした。
横アリで単独をやって、個人のうちわも出て、グループのオリ曲もあって。デビュー組と違うのは、CDデビューをしていないこと。たったそれだけなのに、その一段がとてつもなく高い。
YouTubeコーナーでののえたんの「デビュー」にしっかりと頷いている松倉さんを見て、ああやっぱり夢は変わっていなかったんだと思った。安心する気持ち半分、正直少し驚いた気持ちも半分。

もう一つ驚いたのは、会場の空気が温かかったこと。ファンの前で7人揃うのは湾岸ぶりだった(少年は除く)はずなのに、すごく温かかったように感じた。きっとこの先何年経ってもトラ5担と松松担はトラ5担と松松担なんだろうと思うと少し寂しいけど、これからたくさん楽しい思い出が作れたら良いなぁ。

またトラジャのことが好きになった単独公演でした。松松はSHOCKとの両立本当にお疲れ様でした!とっても楽しかったよ〜〜!!

*1:インナー見るの忘れて、終演後友人に聞いたら「まつくハイネックでバブさ増してた」とのこと

SEXY ZONE repainting Tour 2018@北海きたえーる(3/24 17:30開演)

ここ数年ツアー初日遠征が恒例だったのですが、去年は行けなかったので久々のセクゾ遠征\(^o^)/1stコンの時は高校生だった私たちが、今回学生最後のセクゾということにびっくり、時の流れを感じた。
途中でバックJr.に耀生たんを見つけて高まった!!一億年ぶりに見た耀生たんかっこよかった…もう高校卒業の年だよね…。あと相変わらず今村のダンスがタイプすぎた。

外周横花なしのI字型。センステとバクステはあったけど、バクステはほとんど使ってなかったな。

以下ニュアンスで!

続きを読む

Endless SHOCK 2018@帝国劇場(3/15 18:00開演)

OPで、私がいつも泣きそうになるところの音楽が夜の海だってことにやっと気づいたw in the deep blue〜♪の夜の海の中でも特に大好きなところでした。今年のOPやっぱり好きだなぁ!あと1回で見納めなので悲しい。

松倉さん髪切ったのか、両耳出ててさっぱり!かわいい。ただ前髪は相変わらず長い。
げんげんはいつも通り前髪がっつり分けだったけど、2幕の途中から軽く分けるくらいになってた(私が気づいたのは夜の海)。

続きを読む

Endless SHOCK 2018@帝国劇場(3/4 18:00開演)

SHOCK初観劇のミュヲタと観劇〜〜!!彼女の感想が新鮮で、私も初心に帰れた気分であった😌そして、年間舞台観劇数100本を超えるミュヲタ()からしても、SHOCKは本当にすごい舞台なんだと改めて思った…!

松倉さんは髪型変わらず、髪色は少し明るく見えた。
げんげんはこの間見た時よりさっぱりしてたと思う。1幕も2幕も前髪なし。


1幕

  • OPENING CONTINUE

全体的にニコニコ〜かわいい〜。

  • So Feel It Coming
  • パネルマジック
  • NEW HORIZON
  • Yes,My Dream

最初にゲンタとすれ違うところでチェケラポーズ。からの安定の越カイト。
脚立前、スタッフさんと手のひら下にしてイェ〜ってやってた。運び終わって、外ダンさんに片手で投げちゅ😘(交わされてたけど…)リカソロパートのあとも投げちゅしててかわいすぎた。
みんなの明日に〜♪ゲンタは木箱に乗らず下に立ったまま。忘れないでいよう〜♪はハイタッチじゃなくてアイコン?してた。
中央集合、Dream of you!はゲンタ🤗→カイトも真似して🤗今日のカイト可愛さ振り切っててしんどかった…。そのあと恒例のゆまきゅんに近づいて嫌がられるw

  • ONE DAY

マツザキ「パーティーは俺が終わらせないぞ〜〜〜!!!!🏃💨」テラ?と二人三脚風にあとに続くカイト。
最後は上着をきっちり着て猫背のゲンタ「皆の衆、待つでござる…」弱々しくてかわいかったw

  • It's A Wonderful Day

テラと何やら話しながら出てきて、最初の「So feel it coming〜♪」のポーズが遅れそうになるくらい、楽しそうにお話ししてたw
gannaは両肘でワクワク。この胸を焦がす〜♪、2015年のカイトみがあった(伝われ)
泥棒がはけた後、たぶんげんげんにつられたのか3人揃って踊り出しフライング!w でも誤魔化し方も3人揃ってたから結果オーライだった笑
バトルシーンはテラと指笛。今日は音聞こえた!指はちゃんと自分のズボンで拭いてましたw
ストンプ、リカちゃんと一緒にエアドラム!異様な頻度でレフトシンバルを叩くカイトw最後はマツザキと肩組んでフィニッシュ!
Singin〜♪松松顔を見合わせて自然な演技で良き!そのあと、カイトが新聞を持つゲンタに見せて!ってすると、後ろ手に新聞を隠しちゃうゲンタ☺️カイトが取ろうとするのでゲンタがじゃんけんを始めて、カイト✌🏻ゲンタ🖐🏻でカイトの勝ち!渋々新聞を渡すゲンタと、ゲンタに😊✌🏻✌🏻ってチョキをアピールするカイトw結局ゲンタもカイトの新聞を覗き込んで、2人で見てて仲良しかよ☺️🙏🏻
コウイチ「カイト大丈夫。ユウマのとこ行って来い」って言ってた。

  • Dancing On Broadway

前に比べると踊りがだいぶ軽やかになったな〜と思った。Shine〜♪今日も星空を見ていたけど、テラゲンは何をしているの?笑 ゴアへ!は一人で寂しかった…。あとここ、上手はけだったと思うのに今日下手にはけてなかった?気のせい?

  • Jungle

ギャップがすごい。今日のカイト可愛かったから余計に…。

  • Change The World

なんでこんなにかっこいいのかな…😢しんどい。

ねえなんか今日ねっとりしてない?????ジャケットの裏地見せるところもねっとりしてたし、そのあと流し目?してては??ってなったし、はける時も歩いてはけててあの色気と余裕は何なんですか????急に男出されてヲタク困惑😥😥😥😥😥

  • バックステージ

テラがりんごをポケットに入れようとしてたんだけど、そのままお芝居続けられたら笑ってはいけないエンドレスショックになりかねないからりんごがサイズオーバーでポケットに入らなくて良かったと思いました(完)

  • Japanesque

最初、上手で目を閉じるの本当好き…。
最後階段上で斬られたときに、不敵な笑みを浮かべていてたまらなかった。

2幕

怖くなってる!!!すごい!!
最初、岩の前で寝そべってたかと思ったら、いきなり高速ハイハイし出して狂気だった。コウイチにめっちゃ顔近づけてて普通に怖かったよ…!すごい、成長。

  • Don't look back
  • New York Dream

屋上シーンと言い本日福ちゃん絶好調w立ち位置がわからなくなった座長に「どこでも良いよ」っていう福ちゃんはただのリアコだった(ギャップがひどい)。

  • Higher

やっぱり後転なくなってた。
ユウマのこと見る→コウイチ見る(嬉しそう)→ユウマ見る→テラに言われて先に一人で立ち位置へ。このあとの表情の切り替えがすごくて、踊り出すと嬉しそうなんだよ〜〜!でも、コシオカの「ユウマ!」が切なくて…冬。

  • バックステージ

記者会見、テラとカメラに映ったあと、一人でインタビュー受けてる風?のカイトがかわいすぎた、一生懸命喋ってた…🎤
コシオカとアイコンからの、
コウイチ「ゲンタテラカイト元気だったか〜!」
カイト「元気だったよ…!」
ここが本当に切なすぎて…。嬉しいはずなのに笑っているのに切なさが前面に出ててもう切なさの天才かな?????とにかく今日のカイトの演技がたまらなく良かったです。

  • ONE DAY
  • 夢幻

8連太鼓後のコウイチとユウマのアイコンがめちゃくちゃ良くて泣きそうになったw
最後の最後にすこーしだけニコっとしたのを見て、2015年楽がフラッシュバックしました…。

  • USA TAIKO

太鼓も最後の方笑顔で、笑顔でコウイチを見上げてたんだよ…!

  • Ludder Flying
  • マスク

泣きそうだったり、ふわっと笑ったり…目が離せない。

  • 夜の海

だめだった…今日も泣いてしまった…。涙を堪えながら、でも時には笑顔で踊っててほんとにもう;;松倉さんのお芝居が好きすぎる。

  • 大桜

コウイチを置いたあとの泣き顔を見て抱きしめたくならない人はいないよ…私がザキさんだったら抱きしめてる…👮

  • CONTINUE

最後コシオカとアイコン後、振り向いた顔が切なくて、でもすごく良い顔をしていて最高でした。

  • カーテンコール

エドはるみのモノマネをするテラを見てニコニコ。最後「コォー!」までやったテラに、ちょっと派手に笑ってたw回りきる寸前で客席につぼみポーズ→つぼみ投げてた(律儀に心の中でやられた〜!と叫ぶ私)。
出てくる時もスタオベ後後ろに下がったときも、ずっとザキさんと話してた松倉さんw幕が降りる直前になって、慌てて二人でがおーの手でお手振りしてて、今日も謎すぎたザキまちゅでした♡


カイトって、カンパニー内で最年少の設定だから、ユウマの心情なんて気にせずに自分の気持ちに素直に行動しても良いと思うの。12、3歳の男の子(だと思ってる)って、もっと自分のことで精一杯で良いと思うの。でも、カイトはウチ・ヤラには傘を差し出すし、Higherではユウマをすごく気にしてる。数年前に光一さんが「コウイチ達はたぶん孤児」と言っていたらしいけれど、きっとカイトも孤児なんだろうな。そう考えると、幼いのに人の気持ちに敏感だったり、気遣いができたりすることに納得がいく。同じ箱庭で生きてきたから、仲間の情に厚いのかもしれないね。そこは松倉さんと重なる部分だなぁ。
今年はコシオカとカイトの関係性に全力で萌えているんですけど、あの2人の関係性をうまく表す言葉が見つからなくて悶々としてる。兄弟だと言われても驚かないくらい、あの2人は特別な関係に見えるよ。

閉鎖的な空間で「Keep on」を歌うこと

ジャニーズJr.の「Keep on」という曲がある。
この曲が歌われ始めた頃、自担はユニットに所属していなかったから、あまり聴いたこともなかった。
でも、何度も何度も少クラで歌われるからさすがに耳に入るようになって、そのうち、好きな曲の一つになっていた。

私は初めて曲を聴くとき、メロディーで好みかどうか判断する方だ。歌詞については深く考えないことも多い。ただメロディーが好きで曲を聴く。
でも、メロディーが好みだった曲は決まって歌詞も好みだった。聴き始めてしばらく経った頃、誰かに言われて、もしくは自分でふと歌詞を見てみると、響く歌詞であることが多い。

この曲もそうだった。

というか、よくよく歌詞を見てみるとすごく胸に刺さる曲だ。ポップな曲調であるのにも拘らず、どこか切ない感じがするのは歌詞のせいだった。

チャンスを待ってるだけじゃ 何も変わらないと知ってるのに
Oh 言い訳ばかり Oh no 並べてばかり
Round & Round & Round 強くなれないね
こんな俺だけど 変われるかな?
また今日もみんなが 笑うから
そう何度でも 立ち上がれるさ


私は、アイドルには絶対的アイドルでいて欲しいタイプだった。
アイドルとの距離は、遠ければ遠いほど良かった。ただアイドルの世界を見ているのが好きだった。絶対に視線が交わらないから、安心して好き勝手に見たり考えたりすることが好きだった。

でも、Jr.担になって少し変わった。
アイドルとの距離は絶対に必要だと思う。その考え方は、きっとこれから先も変わらない。
だけど、Jr.とデビュー組を応援するのでは、方法が違うと思った。山田担時代にはろくに書いたこともなかったファンレターを書き、雑誌やテレビに出演すれば、出版社とテレビ局に感想と要望のハガキを送った。Jr.大賞のために雑誌の複数買いは当たり前、余裕があれば写真やグッズも複数買いするようになった。
決して強制じゃない。Jr.担でもこのようなことをやっている人もいれば、やらない人もいる。デビュー組担も同じ。応援の仕方は人それぞれだ。
私も、初めの頃はファンレターを出すくらいだった。でも、2016年の夏かな、松倉さんが雑誌で「みんなの応援で、ボクをデビューの道にみちびいて!」と言っていたことがあった。すごく切なくて、そ、そっか…とも思った。だけど、ユニットの壁を感じていた時期だったこともあって、やっぱり要望を書いたり複数買いして需要を伝えなきゃ、と思い直したことをすごく覚えている。


「Keep on」の「俺」は、急に弱気になるからずるい。
アイドルにはいつだって根拠のない自信を持っていて欲しかった。そしてこの世界を讃えて欲しい。山田担の時、「OUR FUTURE」という曲が大好きだった。「眩しい明日に早く気づいて」「嘘ではないよ なんて最高のWorld!」と歌い上げるジャンプこそ、私の理想のアイドルだった。

「OUR FUTURE」と比べると、「Keep on」は真逆の曲かもしれない。どちらも夢を歌っている曲なのにね。デビュー組が「Keep on」を歌う姿は想像できない。でも、いつか、「OUR FUTURE」を歌う自担が見られたらいいなぁ。


Jr.担になって変わったことがある。
応援の仕方が変わった。理想のアイドル像が変わった。「Keep on」を歌う自担が好きになった。ちゃんと歌ったことないけど。


正直、今のJr.を見ていて、デビュー組との差をあまり感じない。ユニットがあって、単独公演もあって、個人うちわも発売されて。このままでいいんじゃないか、って思う。このままずっとやっていけば、誰も不幸にはならないんじゃないか。デビューしたからって、必ず幸せになれるとは限らない。

だけど、自担には夢がある。
デビューという夢が。
もしかしたら、その夢はもう変わってしまったかもしれない。最後に「デビュー」の言葉を聞いたのは、先に書いた2016年の夏。今夢を聞いたら、別の答えが返ってくるかもしれない。

それでも、きっと現状維持じゃない、何かしらの夢を持っているんだと思う。
その夢を私は精一杯応援したい。

あの空に届くまで
また Keep on, Keep on going up
We can be the ONE

キンプリのデビューが決まる前、ユニ担がどんな気持ちで「Keep on」を聴いていたか、私にはわからない。
先の見えない閉鎖的な空間で歌う「Keep on」を想像すると、少し切なくなる。

でも、この先「Keep on」を歌う自担を見ることがあっても、私は悲しいとか切ないとか、そういう感情は持ちたくない。
もう今は、キンプリが開けてくれた風穴がある。
賛否両論あるけれど、YouTubeチャンネルの開設という新しい道もできた。事務所も色々な可能性を作ってくれているのだと、前向きに捉えたい。
自担には、どんな状況でも夢に向かって頑張って欲しいから。
「どんな時も夢は消えない」から。

Endless SHOCK 2018@帝国劇場(2/23 18:00開演)

何回見てもOPでちょっと泣く。
松倉さん髪切ったかな?前回見た時よりさっぱりしてて、少し明るくなってた気がする(色が抜けただけかも)。欲を言えば前髪ももう少し切って欲しかった!笑
この間していたらしい絆創膏、今日はしてなかった。

書きかけです〜。

続きを読む